匠-Jang- 麻婆豆腐/担担麺/杏仁豆腐の専門店。横浜駅すぐ::こだわり自家製ラー油::

こだわり自家製ラー油

ふくよかな甘さを含む、まろやかな辛さの韓国産赤唐辛子。
辛味が強く、それとつり合う強い香りを旨みの中国産朝天槻。
吟味した末に選んだ韓国産と中国産の唐辛子を絶妙な割合で仕上げた自家製辣油。
「匠 Jang」のおいしい辛さの源。
「おいしい」こだわりの象徴です。

唐辛子
 

赤唐辛子(韓国産)
唐辛子は育った土地によって味が変わります。
韓国産赤唐辛子はまろやかな辛味とふくよかな甘みがあって味よく、
栄養価も高いのです。

朝天槻
 

赤唐辛子(韓国産)
唐辛子は育った土地によって味が変わります。
韓国産赤唐辛子はまろやかな辛味とふくよかな甘みがあって味よく、
栄養価も高いのです。

こだわりの自家製辣油の製造工場

1.素材四種を用意、水を加えず混ぜます。

韓国産の赤唐辛子・四川省の朝天椒唐辛子・中国山椒・八角を寸胴に入れ少量の水を加えよく混ぜる。
※混ぜがあまいと後で水を含んでないところだけ焦げてしまう。

鍋に油と葱(青い部分)を入れて油を沸かす。

3.何度かに分けて油を注ぐ。

油が適度な温度に上がったのを確認し、 少しずつお玉で@の寸胴に何度かに分けて油をすべて注ぐ。 (たまに軽く混ぜる)
※適度な温度とは、油を注いだ時にシュワッと爽快な泡が出る程度!
※温度が高いと唐辛子が焦げてしまい焦げ臭いラー油になる。低いと綺麗な赤色・食欲をそそるラー油の香りがでない!

たまに軽く混ぜる?とは
※たまに軽く混ぜないと上の部分だけ水が蒸発してしまい 唐辛子が焦げてしまう。
下の部分の唐辛子には水が残ってしまい後にラー油が濁ってしまう。
そして、かき混ぜすぎると油の温度が急激に下がってしまい ラー油の赤色が出ない。

4.丸一日寝かせて最後にごま油を加え、漉し網でこして完成

ページトップ